MESSAGE会長挨拶

 新型コロナウイルス感染症による公衆衛生危機は、社会における医療DXの重要性を一層顕在化させ、世界各国においてデジタルヘルス製品の開発や社会実装が加速する契機となりました。日本でも例外ではなく、更なる医療の発展を可能にするプログラム医療機器の開発やデジタルヘルス製品の普及展開等に向けた取り組みが、官民挙げて強力に推進されています。

 「医療×デジタル」という新たな価値をより迅速に生活者、患者や家族、医療現場に届けていくための環境を整備するためには、従来の医療機器製品の視点に加え、「デジタルの特性や機能」を前提に、「デジタルだからこその価値」を臨床的意義や医療経済性も含めて適正に評価し、さらに技術進展に対する柔軟性のある制度・規制などが必要となります。

 デジタルだからこそできること、価値は何なのか。現状はどのような課題があるのか。どのような提案・提言が求められるのか。デジタルヘルス産業の発展に向け、多様な主体があるべき論で議論できる組織を作りたいとの思いで、製薬デジタルヘルス研究会と日本デジタルセラピューティクス推進研究会を発展的に統合し、2022年3月に日本デジタルヘルス・アライアンス(JaDHA)を立ち上げ、業界横断的に会員を募りました。

 立ち上げから議論や提言を続ける中で、会員も増加の一途をたどり、デジタルヘルスに関わる多様な属性の企業が参加する特長的な団体として認知されるようになりました。また、製品の評価や承認といった診療を中心とした医療現場におけるデジタル医療のあり方だけでなく、職域や地域といった生活現場での予防・健康増進や社会参画へのデジタルへルスの活用のあり方の議論も社会から期待されています。
 このような現状を鑑みて、JaDHAは、利便性と安全性を両立した利用促進のあり方等、社会実装のそれぞれのプロセスについて、生活者便益を最大化できるように幅広く研究・提言活動を行うに至っております。

 今後とも、デジタルヘルス産業の活性化および関連サービス・技術等の社会的受容性の向上などの実現、ひいては国民の健康増進と産業発展への貢献を目指し、活動を積極的に進めていきたいと考えております。皆様の引き続きのご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

JaDHA 日本デジタルヘルス・アライアンス 会長
小林 義広

ご入会お待ちしております